フル=ラチェット方式による価格調整

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回は増資株価で株式数を調整するという方法でした。VC-Aにとってみれば、VC-Bと同じ金額を投資したのに、ちょっと解せないと思う気持ちも残ります。創業者としては、そうはいってもその時の時価で発行しているわけですから、勘弁してほしいなあと言いたいところですが、VC-Aのへそを曲げてしまうと、拒否権を発動され、資金調達ができなくなる恐れもあります。そこで創業者はバナナのたたき売りを考えます。それがフル=ラチェット方式というものです。

この方法はVC-Aにとってもっと都合が良い条件であります。どういう方法かといいますと、次の投資家の株価が自分の投資した株価より低い場合には、次の投資家の株価まで下げられるという決め方です。

前回の例では転換価格が92.3万円でしたが、VC-Bの株価である50万円までさがることになります。復習もかねて修正前とフル=ラチェット方式修正後を並べて記載すると次のようになります。なお修正後はラウンドBのみです。

(修正前)

  • ラウンドA:時価総額2億2,000万円

創業者:(株価)5万円、(株数)200株、(割合)90.9%

VC-A:(株価)100万円、(株数)20株、(投資額)2,000万円、(割合)9.1%

  • ラウンドB:時価総額1億3,000万円

創業者:(株価)5万円、(株数)200株、(割合)76.9%

VC-A:(株価)100万円、(株数)20株、(割合)7.7%

VC-B:(株価)50万円、(株数)40株、(投資額)2,000万円、(割合)15.4%

(修正後)

  • ラウンドB:時価総額1億3,000万円

創業者:(株価)5万円、(株数)200株、(割合)71.4%

VC-A:(株価)50万円、(株数)40株、(割合)14.3%

VC-B:(株価)50万円、(株数)40株、(投資額)2,000万円、(割合)14.3%

VC-Aは元々2,000万円投資したので、株価が50万円まで下がれば倍の40株になります。こうすれば、出資金額と割合に公平感が出ます。しかし創業者自らの割合が下がるのはともかく、VC-Bの割合がどうしても下がってしまうことになりますので、VC-Bの旨味が少なくなることをきちんと話したうえで投資してもらえるかどうかの話を進めなければなりません。VC-Aにとって有利なことはその他の株主にとって不利なことになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

10社を上場へ導いたプロによる上場支援

上場支援プロでは、

  • 法務
  • 財務
  • 会計
  • 税務
  • 資金調達

を中心として会社を設立してから、最短で時価総額を高め、

スムーズに上場するための支援をしております。

お電話でのお問い合わせ:050-3627-7700 まで。


お問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*