ハンズオン投資のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人生経験や人脈が乏しい若手起業家にとっては、外部支援者ほど心強い存在はありません。まあ、それもメリットやデメリットがありますが。それではメリットやデメリットを見てみましょう。

ベンチャー・キャピタルやエンジェルでハンズオン投資をセールストークにしているところがあります。ハンズオンとは、ベンチャー・キャピタルやファンド等が投資先等の企業の経営に深く関与することを表します。自ら社外取締役等を派遣して経営に深く関与するスタイルです。時と場合によっては社長を派遣することもあります。それはたいてい企業再生の場面ですが。日本では極めて稀ですが、アメリカでは技術者としては有能なベンチャー企業の起業家のために、社長を派遣することも決して少なくはありません。逆に、お金を出して、手は出さず、お任せするのはハンズオフになります。

ハンズオン投資といって、ベンチャー・キャピタルが手取り足取りがいい面もありますが、必ずしもいい面ばかりとは限りません。お金を出してもらったのであまり反対意見は言いづらくなり、どちらかというとベンチャー・キャピタルの好き勝手にされることもないとは言えません。別に彼らも経営のプロではないですし、そもそも彼らに任せたら絶対に上場まで導いてくれるのかというとそんなこともありません。どんなに優秀な経営者だといっても、ビジネスモデルや技術力がどこかに問題がある、あるいは協力で太刀打ちできないくらいな競合他社が現れたとか、明らかに運が悪いことだってあります。彼らの言うことを聞いて従ったらダメになったというのはよくあります。どちらかというと好き勝手にやられて、極端な話、人事にも口を出してくるケースもあり、技術者はあれは使えないから首にしろ、連れてきてやったぞ、みたいなですね。それで新しくつれてきた技術者の方が使えないというケースもあります。

ハンズオン投資だからと言って、全部が全部人事に口を出し、手を出すわけではないですが、その関与の度合いによっては、経営がやりづらくなることは確かです。自由が利かなくなり、経営戦略の機動性も失われ、起業家が考えているあらゆることができなくなり、人を紹介してくれるのはいいけれど、担当者が単にカッコつけたいだけ、そりゃお金くれてるから文句は言えないが、彼らの人件費を払うのは結局起業家である自分なんだよなあ、しかも首切りずらいし。いつの間にか雇われ社長になっちゃって、一体自分は何のために独立したの~。それで気を使っているうちに経営が傾き、上場のめどがつかなくなったら、その後は完全放置。その頃はお金も尽きてにっちもさっちもいかなくなり、会社閉鎖。これも極端な例ですが、全くないことではありません。

世間知らずの学生起業家が、ベンチャー・キャピタルに入り込まれて、好きなようにやられて焦土と化す。ベンチャー・キャピタルも出したお金を回収したいのですが、彼らもその他の投資先で取り返したほうがいいと考えることも多いので、ダメなら損切りしてきますから。とにかく彼らの好き勝手にはさせない意志の強さが必要です。

いずれにしても、自分に不足しているリソースをサポートしてくれる頼もしい存在であることも確かですので、遠慮せずに付き合いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

10社を上場へ導いたプロによる上場支援

上場支援プロでは、

  • 法務
  • 財務
  • 会計
  • 税務
  • 資金調達

を中心として会社を設立してから、最短で時価総額を高め、

スムーズに上場するための支援をしております。

お電話でのお問い合わせ:050-3627-7700 まで。


お問い合わせはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*